受験勉強中の部屋に

これは、友達から聞いた話。

 

受験勉強のため

部屋で猛勉強していたら、

夜中の2時頃に部屋のドアを

コンコンとノックされた。

 

「○○、夜食持って来たから、

ドア開けなさい」

って、母親が言ってきた。

(ドアにはカギがかかってる)

 

でも○○は、ちょうど勉強に区切りの

いいところで休憩したかったので、

 

「そこに置いといて、お母さん」

って、言ったらしい。

 

そしたら、お母さんがそのまま階段を

トントン降りていく音が聞こえた。

 

それから3時頃になって、

また、お母さんがドアをノックして、

 

「○○、おやつ持って来たから、

ドア開けなさい」

って、言ってきた。

 

でも○○は、

「おやつなんて別にいいよ」

って、答えた。

 

そしたら、

「うるさい!いいからここ開けなさい!!

開けろっ!開けろぉ!!!!」

って、急に怒鳴り出したらしい。

 

○○はビビって開けようとしたんだけど、

なんだか嫌な予感がして、

開けなかった。

 

そしたら、今度は涙声で、

「お願い・・・○○

・・・ドア開けてぇ・・・」

って、懇願してきた。

 

でも、開けなかったらしい。

 

そのまま10分ぐらい経ったあと、

「・・・チッ」

って、母親が舌打ちして、

階段をトントン降りて行った。

 

でも、それからすぐに

○○は思い出したんだと。

 

今、両親は法事で

田舎に帰っているということに。

 

あの時、ドアを開けていたら

どうなっていたかと思うと、

○○は震えたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ