とあるホテルで宿泊中に

○阪全○空ホテルでの出来事。

 

霊感の強い先輩が

経験した話です。

 

ホテルの一室で熟睡していたら、

 

夜中の三時頃にしつこくドアをノックする

音が聞こえたそうです。

 

何事かと思い、

のぞき穴を見たら、

 

若いボーイさんが立っていました。

 

先輩が「何か?」と思い、

ドアを開けたら、

 

ボーイはづかづかと

部屋に入り込み、

 

「昨夜、御泊まりでしたお客様の

忘れ物を探しております」

 

と、2~3分探して

部屋を出ていったそうです。

 

翌朝、

先輩はフロントに、

 

「夜中に失礼だ!」

 

とクレームをつけたそうです。

 

フロントは少し青ざめながら、

 

「そのボーイは帽子を

被っておりましたか?」

 

と尋ね、先輩は、

 

「ええ、白い帽子を被っていました」

 

と答えたそうです。

 

フロントは更に青ざめながら、

 

「30年前の制服には帽子がありましたが、

現在の制服には帽子はないんです」

 

と言ったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ