絶対に食っちゃならねえ山芋

掘る

 

これは、ある山芋の奇妙な話。

 

彼の祖父は、かつて猟師をしていた。

 

遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれたという。

 

「山に入ってると、色々と自給自足しなきゃならない時もある。

 

でもな、何が食えて何が食えないかってのは、しっかと押さえとかなきゃいけねえ。

 

ずいぶんと奥の山なんだけどな、そこで採れる山芋は『マナコイモ』って呼ばれてたそうだ。

 

掘り出すと一見普通の山芋なんだが、所々ギョロリとした目玉が付いてるんだと。

 

中にゃ気持ち悪いことに、まるで人の頭そっくりな形の芋もあったってことだ。

 

これが実に美味いんだと。

 

でも、絶対に食っちゃならねえ。

 

一度でも腹に入れちまうとな、もうその後の人生、この芋以外の物は食えなくなるというんだ。

 

他の何食っても、もう胃の腑が受けつけねぇって。

 

眼芋が生えてんのはその山だけだから、二度とそこから下りられんようになるわけで。

 

運悪く食っちまって、そこに住み着く羽目になった木樵(きこり)が伝えたって話だ。

 

でもまぁ実際、飢え死にするくらいなら食っちまうかなぁ。

 

死んじまうよりはなぁ」

 

そう言うと祖父さんは悩ましい顔をしたという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ