その呼び声は雲の上からだった

山の雲

 

これは、石じじいの話です。

 

じじいが子どもの頃、山で不思議な『呼び声』を聞いたそうです。

 

それは一人遊びで山を歩いていた時に、「おーい、おーい」と、かなり大きな呼び声がしたと。

 

誰かいるのかと辺りを見渡しても、誰もいません。

 

山で作業をしている人だろう、そう思って歩き始めると、また「おーい、おーい」と。

 

でも見渡すと、誰もいません。

 

それからも歩き進めて行くと、何度も「おーい、おーい」と。

 

そうして樹木が少なく開けた場所へ出た時に、空を見ると真っ青な空に、真っ白な入道雲(積乱雲)がモクモクと立ちのぼっていました。

 

よく見ると、その雲のくっきりとした稜線の上に、なんと“人が立っていて手を振っていた”そうです。

 

その人は小さく見えたそうですが、実際はかなりの大きさだったのでしょう。

 

どうも、その雲の上に立つ人が、「おーい、おーい」と呼んでいるようだったと。

 

子供だったじじいは、その人に向かって同じように「おーい、おーい」と呼び返しました

 

すると、その雲の上の人は、さらに「おーい、おーい」と叫んで、「わー、はっ、はっ、はっ!」と笑い、その後は沈黙したそうです。

 

相変わらず、その人は湧き上がる雲の上に立っていました。

 

しかし、その直後に辺りが暗くなり、激しい夕立に襲われました。

 

じじいはびしょ濡れになりましたが、田舎ではよくあることです。

 

ただ雨の後、雲の上にいたその人は見かけられなかったそうです。

 

雲の上に立つ人を見たのは、それ一回きりだったということでした。

 

じじいは、「あれは何やったんかのう?声は男の人のもんやったがのう。雷神様かのう。それにしては人懐っこかったね」と。

 

ちなみに、妖怪に『ヤロカ水』というものがいるそうです。※リンク先はWikipedia

 

なんでも、山の上から「ヤロカヤロカ(欲しいか欲しいか)」という声がするのだとか。

 

その声に「ヨコサバヨコセ(貰えるのなら頂戴)」と呼び返すと、鉄砲水が襲ってくるそうです。

 

きっと、山の怪には答えるな、関わり合うな、ということでしょう。

 

あとがき

じじいが呼ばれた「おーい、おーい」については、ちゃんと二声で呼ばれているので悪いものではなさそうです。

 

もし一声「おーい」だけだったら…。

 

一声呼び(ひとこえよび)

山中の妖怪が人に呼びかける時には一声しか声をかけないといわれるもので、このことから山中で働く人々は、お互いを呼ぶ際に一声のみで呼ぶことを禁じられ、必ず二声続けて呼ぶよう戒(いまし)められている。(Wikipediaより引用)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ