山の風景だけが急に白黒の世界に

白黒の世界

 

これは、石じじいの話です。

 

テレビや映画などがほとんど白黒映像という時代がありました。

 

じじいは、普段の生活の中で『白黒の世界』を経験したことがあったそうです。

 

曰く、山を歩いていると急に風景が白黒になった、と。

 

視界がぼやけているわけでもなく、また狭くなっているわけでもなく、はっきりとしている。

 

しかし、目で見える風景は白黒。

 

木々の葉っぱも灰色。

 

白い雲が浮かぶ青空も灰色。

 

目の病に関する体調不良かと動揺したじじいは、すぐにその場にしゃがみ込みましたが、その時に変な感じがありました。

 

自分の体や服、持ち物には、全て色が残っているのです。

 

しかし周りは全くの白黒。

 

これは、目ではなく精神がおかしくなったのかもしれない、と考え直しました。

 

どうにもならないので、そこから慎重に山を歩きましたが、ずっと白黒の世界だったそうです。

 

視界はぼやけてはいなかったので危険は感じなかった、とも。

 

ただ、色がわからないと石を見分けることが難しいので困ったものだ、となったそうです。

 

「はよ、病院にいかんといけない」

 

人里に向かうかどうかを考えながら歩いていると、ずるっと足が滑って転びそうになり、近くの木の枝を掴みました。

 

その時に、急に色が戻ったそうです。

 

いきなりの色の洪水で眩暈がした、とも。

 

その後は視界が白黒になることはなかったと言います。

 

家に帰ってから念の為すぐに病院へ行きましたが、視力が落ちていることもなく、何の問題もありませんでした。

 

じじいは、「あの時はたまげたい。目が見えんようになるんやないか思うて怖くてな。山ん中で失明しもうたら大事やけんな」と言って、この体験話を締め括りました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ