初めて金縛りに遭った日のこと

傘

 

これは、ある雨の日に体験した話です。

 

中学生になって少し経った梅雨の時期でした。

 

2階の寝室にある母のベッドで一人で昼寝をしていたら、初めて“金縛りのようなもの”に遭いました。

 

しばらくして体が動くようになり、声も出るように。

 

ですが、次第に頭が痛くなり、くらくらして体が重くて動く気もしません。

 

それらおかしな症状が落ち着いても怖くなったので、奥の部屋にいる兄の元へ行こうとしました。

 

その時に、ふと窓から外を見ると、傘をさしている女の人が見えました。

 

私の家は田舎なので、雨が降っていようとなかろうと、歩く人は普段から少ないのに雨の中を外にいるなんて、と思いました。

 

それに、様子が変だったのです。

 

まったく動きません。

 

透明のビニール傘をさしていますが、顔は影や髪に覆われて見えませんでした。

 

黒髪で長く、ぺっとりと濡れているような感じも。

 

服は、ほん怖で見るような白のワンピース。

 

あるあるすぎて笑えるくらいです。

 

もちろん恐怖で笑いどころではなかったのですが…。

 

私だけが見えているのかもと思って兄にも見てもらうと、兄にもその女の人が見えて、二人でしばらくの間その気持ち悪さを怖がっていました。

 

母が帰ってきた時にはもういませんでした。

 

それから数日後のこと、ふとベランダから同じ場所を見てみると、透明のビニール傘だけがぽつんと置いてありました。

 

最近では、洗面所などで白い不気味な影を見かけます。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ