異様な絵を見てから起こった恐怖体験

美術室

 

これは、私が美大生だった頃の話。

 

その日、キャンパスの2階にあった絵を描く作業場でぼんやりしていたら、イーゼルの上に誰かのスケッチブックが置いてあった。

 

私はなんとなく、パラパラとページをめくってみた。

 

すると、“口を縦に大きく開けて舌を出している、細長すぎる顔をした女の絵”に目が留まった。

 

その絵の女は昔風のソバージュヘアで、黒目が大きく空洞、そして舌が異常に長かった。

 

さらに、意味は分からないけれど、絵の右下に『操縦不能』という文字が書かれていた。

 

美大なので奇天烈な人も割とおり、不気味な絵もそんなに珍しいものではなかったけれど、その絵はなんだか本当に異様な感じがしたので、私は怖くなってダッシュで作業場を出た。

 

そのまま中庭まで出て、2階にあるさっきまで居た作業場の方の窓を見ると、とんでもなく笑顔の女がさっきのスケッチブックの不気味な絵を、私に見えるように窓の外に向かってかざしていた

 

あれは本当に怖かった。

 

あまりに怖すぎて卒業までの間、作業場で一人にならないように工夫していた。

 

~以下、「後日談」に続く~

スポンサーリンク

後日談

私は美大の学芸祭の実行委員だった。

 

その学芸祭の準備に追われていた時、私は体調を崩してしまった。

 

仕方なく中休みをもらって、当時一人暮らしをしていた学校近くのアパートに戻って仮眠をしていると、金縛りに遭ってしまった。

 

ただ、金縛り自体は疲れている時はよくあるので特に怖くはなかったけれど、目を開けた時、あの絵に描かれていた細長い顔の女が馬乗りになって私を見ていた

 

黒目の大きい空洞のような目で、私をじっと見ていた。

 

それに、どういう意図なのかは分からないけれど、舌をベーっと私の顔に向かって伸ばしてきてた。

 

直後、「ワン!ワン!」と吠え声がすると、当時実家で飼っていたウェルシュ・コーギーが私の周りをグルグル回っていて、しばらくするとソバージュの女が「キャー!」と叫んで消えた。

 

私を心配して飼い犬の生霊が私の所までやって来てくれてたのかな?と自分に都合よく解釈して、今でも時々思い出してはほのぼしている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ