車窓から見かけた奇妙な老婆

電車の座席

 

これは、出張で大阪から名古屋に向かう途中のこと。

 

特急電車に乗って車窓を眺めていたら『奇妙な人』を見かけた。

 

線路沿いに戸建て住宅がいくつか並ぶ中、一軒分だけ更地になっているところがあった。

 

単なる空いている宅地なのだろうが、そこに“線路に向かって呆然と立っている人”がいた。

 

たぶん老齢の女性。

 

白髪のロングヘアで、白いTシャツに柄物のズボン。

 

顔と表情はよくわからない。

 

とても不思議な感じがして、気になった。

 

何というか、そんな場所で線路に向かって立っている理由が見当たらないから。

 

それこそ電車に飛び込むつもりでもなければ、そこに人が立っている理由がない。

 

そして名古屋で一仕事終えて、その日のうちに帰ることになった。

 

名古屋から帰りの切符を買い、大阪行きの特急電車に乗る。

 

すると、行きの際に見たその老婆が、まだ同じ場所に立っていたのだ。

 

本当にびっくりした。

 

その時は夏で日も長く、すでに夕方だったがまだ外は明るかった。

 

行きの際に見た時からすでに6時間以上は経っていたが、同じ場所で同じ向きに立っている。

 

唯一違ったことは、行きの午前中は晴れていたが、帰りは夕立ちがあって雨が降っていたこと。

 

でもその老婆は同じ場所で、そして傘をさして線路の方をずっと見ている。

 

まさかこの人、午前中に見かけた時からずっとそこにいるのか?

 

そう思って、繰り返しになるが本当にびっくりした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ