もうひとりの私

私が小学校6年生の時に

大好きな親友がいて、

土曜日に学校が終わってから、

遊ぶ約束をしていたんです。

 

土曜日って、学校が

お昼で終わるじゃないですか?

 

「1時頃に私の家に来て」

と親友に告げて、

お互い自分の家に帰ったんです。

 

私は家で一人、お昼ご飯を食べてから

寝転んでテレビを見てました。

 

そしたら、自分でも気付かないうちに

眠り込んじゃってたみたいなんです。

 

ノックの音で目が覚めて、

「はっ」っとして起き上がって

玄関に出ると親友がいて、

 

「あぁ、寝ちゃってたよ。ははは」

 

なんて話しながら、

親友を家に上げたんです。

 

そしたら、

「さっき、○○ちゃん(私)

私の家に来なかった?」

って言われたんです。

 

もちろん寝てたし、私が彼女の家に

行けるわけがないんです。

 

しかも、私は彼女の家を知らない・・・。

 

彼女が言うには、

私はちゃんと私の自転車に乗って、

私の着ている服を着て、

彼女の家の前に

立っていたそうなのです。

 

しかも、その『私』は、

彼女の名前を

彼女の家の玄関先で呼んだらしい。

 

それに気付いた彼女が

窓から私の姿を見て、

「今行くー!!」

と言って玄関に出ると、

もう『私』の姿はなかったそうです。

 

その『私』の姿は、

彼女のお母さんも見ていますし、

あれから6年経った今でも、

彼女は「あれは○○ちゃんだったよ」

と言うのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ