姿の見えない2つの影

去年の夏頃に、

私は静岡にあるブティックで、

理解不能な経験をしました。

 

その店には、

何度となく立ち寄っていたので、

店員さんと仲良くなり、

休みの日はたまに一緒に

出かけたりするほどでした。

 

そしてその日も、

いつもの様にフラッと立ち寄り、

店員さんと、あれこれ話しながら

新作の夏物を物色していました。

 

店内には、他にも6人程の

お客さんがいて、

みんな賑やかに話しながら、

思い思いに見て回っていました。

 

しばらくすると、

ドアに付いた鈴がカランとなり、

外の暑い湿った空気が

入り込んできました。

 

「いらっしゃ・・・・・・」

 

挨拶をしかけて

急に店員が止めたので、

 

「なんだ?」と思い、

入り口に目を向けると、

誰もいません。

 

でもその場には、

真上から照明を落としたような

丸く黒い影が、

2つあったのです。

 

私と店員さんは唖然としてしまい、

ただその影を見つめていました。

 

他の客も何事かと、

私達と入り口の間をキョロキョロ

見ていましたが、

 

やがて気づいたようで、

息を呑むのが分かりました。

 

その影はゆっくりと棚の前を、

まるで服を見ているかのように

移動しています。

 

影はそのまま店内を一周すると、

ドアの鈴がカランと鳴り、

そのまま消えました。

 

再びドアが開くことは、

ありませんでしたが・・・。

 

その場にいた人は、

みんな口々に、「今の見たよね?」

と確認し合っていました。

 

時間は、真昼の1時を

少し過ぎたくらいだったと思います。

 

それから二度と見ることは

ありませんでしたが、

白昼の大勢で見たあの影は、

何だったのか?

 

今でも不思議でなりません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ