奇妙な現実と夢の出来事

中学の同級生が

早死にしてたことを、

 

十年以上経って、

唐突に知らされる。

 

何か納得出来ないっていうか・・・

 

あんなに元気だったあいつが、

どうして逝ったんだろう?

 

ついつい考えてしまう。

 

これも運命か、と納得するほど、

人間が出来ていないのか。

 

おまえは平気なのか?

不安とか感じないのか?

 

酒の席で、

 

つい元気な友人に

絡んだりすると、

 

そんなことはないよ、

と神妙な顔つきになっていた。

 

あいつが死んだのは、

実は理由があるんだ。

 

気が滅入るから、

あんまり話したくはないんだけど・・・

 

ただの噂話じゃすまされない現実が、

こんな物語を作りあげたのかもしれない。

 

さて、

 

誰かが俺を登場人物にする

話を始める前に、

 

先に語ってしまおうか。

 

まずは、奇妙な現実から・・・

 

去年、同級生の結婚式に

招待された時のこと。

 

式の当日、

 

披露宴のテーブルに、

中学の知り合いはいなかった。

 

友人のSとは高校は違っても、

ずっと友達付き合いをしていた。

 

こちらが進学で県外に出てからも、

帰省するたびに会って遊んだ。

 

大体、TやAも一緒だった。

 

だから結婚式に、

TやAが出席しないと聞き、

 

Sに問いかけた。

 

「Aには連絡が取れない。

Tは今、病気で入院してる」

 

そういえば、

 

四人で最後に会ったのは

三年前の正月だったか。

 

そんなことを思い出しながら、

 

Sの高校時代の友人らの談笑に、

適当に付き合っていた。

 

しまいには手酌でビールを飲み続け、

ふらついてトイレへ。

 

エレベーターホールのソファで

一服しながら酔いを醒ましていると、

 

「あれ、中学の時一緒だったよね」

 

赤ら顔の同じ年くらいの男が

話しかけてきた。

 

「あっ、僕はW。

今日は新婦の従兄弟で来てる」

 

そういえば、

 

新婦を見るのは

今日が初めてだしなあ、

 

と思いつつ、

男の顔にも見覚えはない。

 

そのWという男は、

 

中学の同級生の名前を

何人か挙げた。

 

「じゃあNのこと知ってる?」

 

一瞬、酔いが醒めた。

 

「ああ、何か三年前に

亡くなったらしいね」

 

Wは驚いたような顔をして、

こちらを見つめた。

 

「いやっ、去年だよ、去年。

俺、葬式に行ったから」

 

人違いかなと思いつつ確かめると、

そうじゃないようだ。

 

Nの名前やサッカー部だったことも

言い当てた。

 

「そう、心臓麻痺。

 

朝になったら、

もう心臓が止まってたらしい」

 

Wはそれだけ言うと、

ふっと立ち上がってトイレへ。

 

その後、十分以上経っても

Wは戻って来なかったので、

 

俺は宴会場に戻った。

 

結婚式が終わって

一週間ほどした頃、

 

Sから電話があった。

 

こちらが慌しく帰ったせいで、

ゆっくり会う暇も無かったな、

 

などと言いながら、

気になっていたWの話をした。

 

「確か三年前だったよな、

おまえから聞いたんだ。

 

Nが死んだこと。

 

それとWだけど、

 

披露宴の座席表に

名前がないんだよ」

 

喋っている最中に、

電話が切れた。

 

その日以来、

Sの電話が繋がらなくなった。

 

どうやら着信拒否されてるようだ。

 

たまに会う友達とはいえ、

十年来の付き合いだ。

 

俺は考えた末、

Tの携帯に電話した。

 

Sが言っていた通り、

Tは入院中だった。

 

疲労症候群みたいな症状で、

塞ぎ込んでいるようだった。

 

さすがに病気のTに

Nの話題は振らなかったが、

 

Wのことを話した。

 

「・・・W?

 

あいつは一昨年死んだよ。

海で溺れたそうだ。

 

おまえが会ったのは、

Wの幽霊だよ」

 

こちらが唖然としていると、

Tはぽつりと言った。

 

「Aも親が失踪届け出したみたいだな・・・。

たぶん死んでるんじゃないか」

 

ここから先は夢の話だ。

 

正確に言うと、

Aが夢の中で俺に語った話だ。

 

N、W、A、S、Tは、

中二の時の同じクラスだった。

 

(ちなみにA、S、Tは中三の時に

俺と同じクラスだった)

 

三学期の春休み前、

 

五人は深夜徘徊だかで補導され、

放課後、職員室に呼ばれた。

 

一人一人厳重注意され、

父兄呼び出しの処分を通告された。

 

むしゃくしゃした気分のまま

教室に戻ると、

 

三人の女子生徒が机を囲み、

額を突き合わせ、

 

何かやっていた。

 

こっくりさん、

だったらしい。

 

Nはその三人を

驚かせてやろうと言い出し、

 

そりゃ面白そうだ、

と四人も同意した。

 

教室の前後の扉に身を潜め、

 

タイミングを見計らって

中に突入すると、

 

五人の喚声に驚いて、

二人の女子は悲鳴を上げた。

 

パニックで泣き出した二人を無視して、

ある女子生徒が仁王立ちになり、

 

彼らを物凄い形相で

睨んだそうだ。

 

そして野太い声で、

 

「おまえら絶対に許さん」

 

と唸ったという。

 

俺の問いかけに、

Tはため息をついた。

 

「泣き出したのは、

○○とXXなんだ。

 

でもあいつら、

 

俺らを怒鳴った女のこと

全然覚えてないんだ。

 

黒板に俺らの名前を書いたのも、

誰だか分からない」

 

この会話を最後に、

TとSとは連絡を取っていない。

 

なぜなら、

また夢を見たからだ。

 

でも、どんな夢だったかは

書く気はない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ