SNSを使いこなす幽霊

ネット通話

 

これは、今さっき実際にあった話。

 

某動画サイトで面白い生放送をやっていたので見ていた。

 

放送を見ている人数は少なかったがコメントで盛り上がり、数人とツイッターIDを交換した。

 

そこから一番話のノリの合っていた人とDMを使ってスカイプIDを交換し、通話へと流れた。

スポンサーリンク

もう少し話したかった

俺も相手も男だったので全く緊張もなく、好きな放送などの話で盛り上がっていたが、突然「○○は変わらないなー(笑)」と言われた。

 

『○○』は俺の事で、それも本名ではなくあだ名だ。

 

しかも、本名をもじったあだ名ではなく、中学時代の一部の人しか知らないあだ名だった。

 

特に深い意味のあるあだ名でもないから、アカウントでも使っていないし、もちろんSNSで呟いた事もない。

 

「久し振りで楽しかったよ!」と言われ、脳みそフル回転して思い当たる奴を考えた。

 

だが、男でこのあだ名を知っているのは本当に数人しかいない。

 

その中でも話のノリが合っていたのは、高校時代に事故で亡くなった△△しかいないと思い、思い切って「△△?」と聞くと、「ははは!たまには家に来いよな!」と言って通話が切れた。

 

スカイプをやった事がある人なら分かると思うが、通話が終わると相手のアカウントのページに通話時間が表示される。

 

なのに、通話が切れた瞬間にホーム画面に飛ばされた。

 

もしかして弟?他の家族?と思ってチャットで聞こうとしたが、相手のページを探すも何故か見つからない。

 

通話の前に少しチャットをしていたのにもかかわらず、その記録も消えている。

 

アカウントをブロックすれば相手からのチャットを拒否出来るが、その場合はアカウント名の表示は消せない。

 

つまり、俺自身が操作しない限り、俺側で相手の名前が消えるのはありえないのだ。

 

怖いというより、あそこで俺が名前を聞かなければもう少し△△と話せたのかな・・・と、今は切ない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ