自殺した美術の先生が描いたらしい絵

学校

 

これは、ある絵にまつわる奇妙な体験話。

 

俺の通っていた高校には、職員玄関に一枚の絵が飾ってあった。

 

そしてその絵は、自殺した美術の先生が描いた作品らしい。

 

草原が描いてあって隅に洞窟がある、という構図だった。

 

その絵の前で、よく立っている友達がいた。

 

その友達の名前を仮に『岩田』とする。

 

岩田はその絵を見ると、決まって「赤い服を着た人が見てる」と言っていた。

 

俺は岩田ととても仲が良く、一緒によく遊んでいた。

 

外でサッカーをしていた時、岩田は突然「ベランダに赤い服を着た人がいる」と言ってベランダに向かっていった。

 

その日の放課後、岩田は階段から落ちて死んでしまった。

 

俺はその日から怖くなり、その絵に近づかなくなった。

 

しばらくしたある日のこと、俺は生徒会に入っていた為に夜遅くの帰りになった。

 

夜は昇降口が閉まっていたので、職員玄関から出なければいけなかった。

 

廊下を歩いていると、その絵の下に体操座りをした”赤い服の女”がいた。

 

俺はビクッとして、全力で逃げ帰った。

 

その日の夜に夢を見た。

 

それは、死んだ岩田が「あの絵を供養しろ」と言っている夢だった。

 

次の日、その夢のことを生徒会の人たちに話すと、“みんな同じ夢を見ていた”と言っていた。

 

事情を先生に話し、その絵を供養することになった。

 

それ以来、赤い服の女は見ていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ