奇妙な夢から目覚めたら

都心のとあるアパートに、

男が一人暮らしをしていました。

 

男の住んでいる

2階の角部屋は、

 

「出る」と噂のある、

いわくつきの部屋で・・・。

 

家賃が安いにも関わらず、

 

広々としたリビングに、

シャワーやトイレも付いています。

 

霊の存在を

全く信じない男にとって、

 

この上ない好都合の家でした。

 

そんなある晩、

 

仕事で疲れ切って

帰って来た男は、

 

食事も摂らず布団に潜り込み、

そのまま寝入ってしまいました。

 

どれだけ眠ったでしょうか。

 

男は奇妙な夢に

うなされていました。

 

暗闇の中、

 

台所で誰かが

もの凄いスピードで、

 

キャベツを千切りに

しているのです。

 

何故だか

顔は見えないのですが、

 

その荒々しい包丁を

まな板にぶつける音は、

 

人を斬る様な殺気すら

放つほどでした。

 

そんな夢を

永遠と見続けたように、

 

男は、ハッ!!と

飛び起きました。

 

時計の針は、

朝の7時を指していました。

 

「なんだ夢か・・・」

 

汗を拭い、

 

気を落ち着かせようと

洗面所に顔を洗いに行こうとした時、

 

ふいにあるものに

目が留まりました。

 

机の上に、皿一杯

特盛りに積まれてた、

 

キャベツの千切りが

置いてあったのです。

 

その瞬間、

男は背筋が凍りつきました。

 

そして初めて

昨晩の出来事が、

 

夢ではなかった事に

気が付いたのです。

 

男は飛ぶように、

大家のいる部屋に向かいました。

 

大家は以前の住人と

仲が良かったらしく、

 

こんな話をしてくれました。

 

男が来る前の2階の角部屋には、

若い男女の夫婦が暮らしていた。

 

妻は毎日帰りの遅い夫に

イラ立ちながら、

 

ずっとキャベツを千切りにして

待っていたそうです。

 

その後、

二人は喧嘩になり、

 

夫が妻を刺して殺害し、

署に連行されていったという話でした。

 

その話を聞いた翌日、

男はアパートを退去したそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ