恥ずかしそうに尻餅をついたお父さん

部屋に椅子

 

『ドスーン!!!』

 

上の2階から、

派手な物音が聞こえてきた。

 

今の、何の音!?

 

今、2階にはお父さんだけしか

居ないはず。

 

そういえば、

お父さんは最近ずっと調子悪そうだった。

 

嫌な予感・・・

 

お父さん、

病気で倒れたとかじゃないよね?

 

急いで2階に向かった。

 

階段を駆け上がり、

扉を開ける。

 

「お父さん、大丈夫!?」

 

「ああ、ミキ。

驚かせちゃったかな?

 

ごめんごめん。

 

お父さん、

椅子から落ちてしまったよ。

 

ハハハ」

 

ジャージ姿のお父さんは、

床に尻餅をついていた。

 

今日はお休みなのに、

何故か側にはネクタイが。

 

「もおー、びっくりしたよー。

腰打たなかった?大丈夫なの?」

 

「ハハハ、ごめんね。

大丈夫だよ。

 

ミキには恥ずかしいところを

見られちゃったかな」

 

「ふふふ(笑)本当!

もう、気をつけてね」

 

お父さん、

怪我していないようで良かった。

 

ひと安心だ。

 

でも、尻餅をついて恥ずかしそうに

していたお父さんの姿・・・

 

面白かったなあ。

 

そうだ!

 

お母さんが帰って来たら、

さっきのお父さんのこと報告しよう!

 

きっと、爆笑間違いない気がする!

 

(終)

解説

お母さんが帰って来る頃には、

お父さんはこの世にいないかも知れない。

 

お父さんは側にあったネクタイで、

首を吊ろうとしていた。

 

しかし、首吊りに失敗して、

転んでしまったのである。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ