遺体の前に残されたテープレコーダー

テープレコーダー

 

その男が遺体で見つかったのは、

自らの書斎だった。

 

頭を銃で撃ち抜かれており、

 

机に突っ伏した姿勢で、

男の手には銃が握られていた。

 

遺体の目の前にある机の上には、

テープレコーダーがある。

 

それを発見した刑事が、

再生ボタンを押してみた。

 

「私はもう生きていけない。

私には生きる理由が何もない」

 

という、

 

本人の声と思われるメッセージが聞こえ、

続けざまに銃声が鳴り響く音も。

 

刑事はこのテープレコーダーを聞いて、

自殺ではなく他殺であることを確信した。

 

そう、

 

これは自殺に見せかけた、

殺人事件なのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

仮にこれが自殺だった場合。

 

テープレコーダーに録音された銃声で

自らが頭を撃った後、

 

録音を止めてテープを巻き戻せる

わけがないのだ。

 

刑事は再生ボタンを押した『だけ』である。

 

つまり、

 

遺体となった男以外の誰か(犯人)が、

テープを巻き戻したことになる。

 

自殺に見せかけるために・・・

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ