山で遭難した男の遺留品から

ある男が一人で登山に

出掛けたまま、

 

行方不明になった。

 

3年後、

 

湿地帯でその男の

遺骨が発見され、

 

遺留品も回収されたが、

 

その中に

テープレコーダーがあった。

 

テープには、

 

大声で助けを求める

男の声が録音されていた。

 

男はどうやら、

 

何か怪我をして

動けなくなったらしかった。

 

テープのことは

マスコミにも公表されたが、

 

遺族も警察関係者も

公表を控えていた部分があった。

 

そのテープには、

 

助けを求めるメッセージとは

違うものも録音されていた。

 

何かに非常に怯えた

男の声だった。

 

どうやら、夜に何かが

起こっているようだった。

 

男はテープに向かって

必死に口述している。

 

<1日目>

 

夜になると人の声がする・・・

呼ぶ声がする・・・

 

こんな夜中に

誰も居ないところに・・・

 

誰も居ないのに・・・

 

<2日目>

 

たすけて・・・

声がする。

 

夜になると

あいつがやってくる・・・

 

暗闇から呼んでいる・・・

昨日より近くなっている・・・

 

おそろしいよ・・・

 

おねがい・・・

たすけて・・・

 

とてもこわい・・・

とても・・・

 

だれかたすけて・・・

 

<3日目>

 

近くまで来ている・・・

たすけて・・・

 

人が・・・ヒッ・・・

こわい・・・

 

近くまで来ている・・・

 

おねがい・・・

たすけて・・・

 

おねがい・・・

おねがい・・・

 

よぶ・だれも・・・ひ・あいつ・・

ちか・・・・こわいよ・・たす

 

すぐそばまで・・・たすけ・・

 

こえが・・・

 

おねがい・・

た・・・・て・・

 

こうしてテープは

そこで切れている。

 

それ以後、

 

男はテープに

何も録音していない。

 

警察はこのテープを

詳しく分析した。

 

テープはずっと

その男の声だけで、

 

他の怪しい物音などは

入っていなかった。

 

しかし、

 

3日目のテープが

最後に切れるところで、

 

これまでとは違う音が

録音されていた。

 

そのことに関して、

分析家も理解不能だった。

 

それは、

 

遭難した男の声とは違う、

別の人間の声だった。

 

レコーダーのすぐ傍で

発せられている。

 

耳元で囁かれたかのように、

はっきりと・・・

 

「オイ」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ