リビングの天井のシミと父の死

天井のシミ

 

これは、京都にある実家での話です。

 

実家は一軒家で、ありふれた洋風建築の二階建てです。

 

一階のリビングの天井に小さな『シミ』があることは家族の皆が知っていたのですが、特に誰も気には留めませんでした。

 

そのシミは雨漏りなのか何なのか、白い天井に茶色く浮き上がっていて、長い時間をかけて少しずつ縦に長細く広がっていました。

 

父が上から塗料を塗り直したりはしたものの、しばらくすると同じ形に浮き上がり、また少しずつ大きくなるのです。

 

そのシミは次第にくびれが出来て、頭、肩、両足と、まるで人型のように見え始めました。

 

母は初めは気味悪がっていたものの、僕が小学生になった頃には皆が慣れてしまっていて、いつの間にか「天井さん」とあだ名が付いていました。

 

僕が小学三年の頃、父が亡くなりました。

 

葬式を終えて火葬の前に、一度遺体を家に連れ帰り、布団を敷いて寝かせました。

 

そして、親戚の者とお世話になっていた尼僧の方が、布団を敷いて父を寝かせた時でした。

 

父の遺体と天井さんのシルエットが、少し背中が寒くなるほど重なっていたのです。

 

それに気づいた母と僕は、ふと言葉を失って天井さんを見上げていました。

 

これに関して、その後に何かあったわけでもないのですが・・・。

 

この日まで順調に広がっていた天井さんは、それ以降その形を保ったまま、十年後に家を新築するまで、そのままの姿で父が寝た最後の場所を見下ろし続けていました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ