幸せそうに見える家族が実は・・・

リビング

 

今日は日曜日。

 

私には4歳と6歳のまだ幼い

二人の娘がいます。

 

普段は夜遅くまで仕事をしているので、

娘と会話できるのが日曜日くらい。

 

今日はその娘たちにちょっとだけ、

意地悪な質問をしてみました。

 

「もしパパが今から死んでしまって、

明日からいなくなったらどうする?」

 

すると娘二人は口々に、

 

「えーっ、絶対にダメだよ!」

「パパ、まだ死んじゃヤダーッ!」

 

などと言いながら、

 

二人とも泣きそうな顔をして、

私に強く抱きついてきました。

 

やっぱり子供というのは可愛いものです。

 

妻はそれを見て、

にっこりと笑っていました。

 

日常のこんな些細なやり取りに、

私はかけがえのない幸せを感じます。

 

ちっぽけな人生の中で見つけた、

とてもとても大きな輝き。

 

私にとって家族は宝物です。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

一見すると幸せそうな家族。

 

だだ、見方を変えれば・・・

 

娘二人は母親から虐待を受けており、

パパがいる日曜日だけが希望になっている。

 

もしパパがいなくなると

母親からの虐待が毎日続くので、

 

「えーっ、絶対にダメだよ!」

「パパ、まだ死んじゃヤダーッ!」

 

と泣きそうな顔でパパに安らぎを求めた。

 

その横でにっこりと笑うママに

固く口止めされながら・・・

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ