母の正体

ワンピース

 

「お姉ちゃん、

お母さんが怖いよ」

 

「大丈夫、

私が守ってあげる」

 

私はそう言って、

アザだらけの妹を抱きしめた。

 

私たち姉妹は、

母に虐待を受けていた。

 

父が死んで以来、

母は精神的に病んでしまい、

 

自分が誰なのかすら、

理解出来ていないようだった。

 

そんなある日。

 

学校から帰ると、

 

廊下に何かを引きずったような

赤黒い跡。

 

と、ほんの一瞬、

何かが視界の隅をよぎる。

 

赤い液体の滴る袋を引きずりながら、

廊下の角を曲がっていく女。

 

あの青い花柄のワンピースは・・・

 

母だ、間違いない。

 

袋の中身は・・・

 

いや、そんなはずはない。

 

赤黒い跡を追い掛けてみると、

タンスの前で途切れていた。

 

母の姿は見えない。

 

意を決してタンスを開くと、

そこには袋があった。

 

恐る恐る袋を開けて、

愕然とした。

 

袋には、

 

おびただしい数のぬいぐるみが

詰まっているだけだった。

 

「そうなんです。

私には妹なんていなかったんだ。

 

そうなんですね?先生」

 

「はい、そうです。

 

だけど、あなたはまだ

気づいていないことがある」

 

私は混乱し、俯いて、

 

青い花柄のワンピースの裾を

ぎゅっと握った。

 

(終)

解説

主人公は母で、

娘を虐待していたという話。

 

主人公である母は幻の妹を作り出し、

その影を実の娘に投影していた。

 

また、

 

嫌悪すべき母としての自身は

到底受け入れることは出来ず、

 

自らを姉とすることで、

 

忌むべき存在としての母親像を

生み出していたのである。

 

最初の一文の、

 

「お姉ちゃん、

お母さんが怖いよ」

 

とは恐らく、

 

私のことはお姉ちゃんと呼びなさい、

とでも言い聞かせていたのだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ