幼馴染からの手紙

俺とユウキとアズの3人は、

小さい頃からの幼馴染だ。

 

3人の親の仲が良かったので、

家族ぐるみでの付き合いをしていた。

 

俺たちが中学2年生の時、

アズの母親が交通事故で亡くなった。

 

アズとアズのおじちゃんは、

とても泣いていた。

 

暫くすると、

 

アズはアズのおじちゃんの実家に

引っ越して行った。

 

それから1年くらい経った頃、

 

アズから俺とユウキ宛に

手紙が届いた。

 

【俺とユウキへ】

 

たのしい季節もあっという間に

過ぎますね、私は元気です。

 

けれど、こっちの生活にも

慣れないといけなくて・・・。

 

ちょっと大変、

そういえばあの秘密きち!

 

にんげんが3人入れたよね、

あとねこ!

 

ロックって名前だったね、

ちっちゃくてさ。

 

れんらくあんまり取れなくてゴメンね、

またおくる。

 

PS;

ちなみにこの手紙は

父と一緒に書いてます。

 

また会いたいなぁ。

 

アズより

 

手紙を読み終わった後、

 

ユウキが疑問有り気な顔で、

もう一度手紙を見せてくれと言った。

 

手紙を渡すと

食い入るように読み、

 

「やばい・・・」

 

と言った。

 

俺ももう一度手紙を読み、

理解した。

 

すぐに両親に事情を話し、

急いでアズの元へ向かった。

 

(終)

解説

手紙の文頭と文末の1文字を

交互にを読むと、

 

「たすけてちちにこロされる」

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ