霊が見える男たち

Aは否定しているが、

 

実は霊が見えることを

俺は知っている。

 

この前、

一緒に駅前を歩いていたら、

 

反対側の踏切の前に、

老婆を背負ってる男がいた。

 

じっと俺たちを見ている。

 

踏切を渡ろうとした時、

Aがぽつりとこう言った。

 

「無視しろ。こいつは悪霊だ」 

 

老婆を背負ってる男は頷いた。

 

(終)

解説

Aは霊が見え、

「俺」は悪霊である。

 

踏切の前の老婆を背負ってる男は

生身の人間で、

 

この男も霊が見える。

 

Aは男に対して、

 

Aの傍にいる「俺(悪霊)」を

無視しろと忠告した。

 

背負われている老婆が、

 

幽霊なのか生身の人間なのか

という疑問もあるが、

 

その後の展開を導くためと考えると、

幽霊と考える方が妥当。

 

しかし、表現的には、

生身の人間と考える方が自然。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ