四辻で待ち伏せする悪霊たち

十字路

 

これは、石じじいの話です。

 

じじいの故郷(私の故郷でもある)には、ミサキという悪霊の他に、『ドウロクジン』『ホウカイ様』という存在があります。

 

これらも無縁仏で、ミサキと同じ存在です。

 

じじいがこんなことを言っていました。

 

「おやじらがな、道の四辻で「道の端のドウロクジン」言うて唱えよったい。それ何?言うて聞いたら、行き倒れのお遍路さんのことよ、って教えてくれたい」

 

ドウロクジンとは、“無縁仏のため家に帰れない人のことで、帰っても誰も祀ってくれない人の霊が道の四辻にウロウロしているもの”なのだそうです。※四辻(よつつじ)=十字路

 

四辻には、おにぎりなどの食べ物を供えます。

 

これは、その霊が餓鬼である、という認識があったからだと。

 

そして、四辻におにぎりが供えてあっても絶対に取ってはいけない、というのが親からの言いつけだったそうです。

 

太平洋戦争より遥か以前の話ですが。

 

ホウカイ様も同じような存在です。

 

うら盆に焚く松明をホウカイと呼んでいました。※盂蘭盆(うらぼん)=7月15日を中心に行う祖先の霊を祭る仏事

 

ちなみに葬式の帰りは、悪霊が家に付いてくる危険性のある時だったそうです。

 

「七人ミサキが憑いちょるかもしれん」と言って、体を箕で扇いでもらうことがあったそうです。※箕(み)=穀物の脱穀・選別・調整・運搬に使用される農具

 

また、外で具合が悪くなってしまった場合は、帰ってから家に入る直前に、同じように箕で扇いでもらう習わしもありました。

 

これは、七人ミサキがいる四辻を通ったからそれに取り憑かれたのだ、ということでした。

 

「犬神は取り憑くわ、ミサキは来るわ、ホウカイ様は四辻に待ち伏せしとるわ、油断できんかったで、昔わな。戦争があって、みんなおらんなったな」

 

じじいは笑いながら、そう言って話を締め括りました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ