少女の願い

とある病室に、

一人の少女がいた。

 

その少女は

生まれつき病気をもっており、

 

不治の病だという。

 

この不治の病のせいで、

 

少女はずっと病室で

過ごしてきたのだ。

 

そんな少女に、

一人のお星さまが現れたのだ。

 

そして、

お星さまはこう言った。

 

「あなたの願いを叶えて

差し上げましょう」

 

少女は答えた。

 

「早く病気を治して、

早く楽になって、

 

新しい友達たくさん作って、

たくさん遊びたい!」

 

「かしこまりました・・・。

 

その願い、

叶えて差し上げましょう・・・」

 

その日から10日が経った日、

 

なぜか不治の病が

治っていたのだ。

 

そして、

病室から出れた私は、

 

たくさん友達を作ることが出来た。

 

そして、

今現在に至る。

 

でもね・・・、

おかしなことがあるんだ。

 

「私の友達は、

 

すでに死んだ人たち

ばっかりなんだ・・・」

 

(終)

解説

少女は死んだのだ。

 

病の苦しみから開放され、

たくさんの友達も出来た。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ