俺と嫁の馴れ初め

 

2年ほど前から、

 

隣町に住んでいる女に

言い寄られていた。

 

高校からの友達で

性格は良いんだけど、

 

顔が好みじゃないから、

 

やんわりと付き合えないと

断り続けていた。

 

その頃、

仕事も上手くいかず、

 

悪いことは重なるもので、

母ちゃんが事故で死んだ。

 

同情だけは絶対にされたくないから、

 

母ちゃんが死んだことを

誰にも言わず、

 

一人で落ち込んでいた。

 

母ちゃんが死んだその日の夜、

その女から電話があった。

 

「お母さん亡くなったらしいね・・・」

 

「・・・」

 

「今まで言わなかったけど、

私もお母さん死んだんだ・・・。

 

昨日だよ。

 

家の階段から落ちたんだ・・・」

 

「・・・え?」

 

「一緒だね・・・」

 

この一言で救われた様な気がした。

 

彼女なら分かってくれると思った。

 

同情なんていらないと思っていた。

 

ただ甘えたかったんだ。

 

抑えていた感情が一気に溢れ出し、

大の大人がわんわん泣いちまった。

 

そんな俺の醜態にも、

 

彼女は一緒になって

わんわん泣いてくれて、

 

いつしか彼女のことが

好きになっていた。

 

これが俺と嫁の馴れ初めなんだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ