元カノと3年ぶりの再会

 

彼女とショッピングで

街を歩いていたら、

 

前から小さな女の子の手を引いた

女性が歩いてきた。

 

近づいて来た時、

それが誰だか気づいた・・・

 

俺が3年ほど前まで

付き合っていた女だ。

 

そして今思えば、

酷い振り方をして別れた。

 

元カノは俺にニッコリ微笑んで

会釈してきたので、

 

彼女が「誰?」と、

怪訝そうな顔をする。

 

俺はとっさに、

 

「前、うちの会社にいた

○○さんだよ。

 

いやあ久しぶりだねえ」

 

と言った。

(これは嘘じゃない)

 

彼女は、

 

「そうなんですか、

こんにちは~」

 

と言って、

気を利かせたのか、

 

「ちょっとあそこの洋服

見てくるね」

 

とその場を離れた。

 

「やあ・・・久しぶりだね。

結婚したんだ・・・」

 

「ええ、

 

貴方に振られちゃったから、

一年前にね・・・。

 

こんな私でも良いって

言ってくれる人がいたのよ」

 

「こんな私なんて言うなよ・・・。

 

君は充分魅力的だし、

俺が未熟だっただけで」

 

「もお~、

そんなこと言わないで。

 

でもこんな私が結婚出来るなんて、

本当に思っていなかったのよ」

 

「そう?あ、いや・・・ゴメン、

子供の前でこんな話しちゃって」

 

「いいのよ、でも可愛いでしょ?

だから私とっても幸せなの」

 

「ああ、そうだね。

 

今の君は本当に幸せそうだし、

安心したよ」

 

「本当にそう思う?」

 

元カノはそう言うと、

フフフと微笑んで小さな声で・・・

 

「じゃ、またね」

 

と言って去って行った。

 

彼女が戻ってきて、

 

「綺麗な人ね・・・。

ひょっとして昔好きだったとか?」

 

と言って、

俺を試すような目で見た。

 

「なに馬鹿なこと言ってんの」

 

俺は努めて冷静にそう言って、

彼女の手を握った。

 

(終)

解説

元カノと別れたのが3年前。

 

小さな女の子の手を引いて

歩いてきたという描写から、

 

歩けるほどの女の子がいるとしたら、

 

現在の夫との子供ではなく、

元カレの「俺」との子供である。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ