団地の真ん中で信号待ちをしていたら

深夜に団地の真ん中で、

信号待ちしていた時の話。

 

真冬の夜中3時頃

だったと思う。

 

右の歩道から10才くらいの

半ズボンを履いた男の子が、

 

左の歩道からは

6才くらいの女の子が、

 

俺たちの車の真正面に

立ちはだかった。

 

「何だ???」

 

と思ってたら、

 

いきなり二人揃って

俺たちの方にお辞儀をした。

 

何度も何度も、

 

顔に張り付いたような

不自然な笑顔で・・・。

 

それに、

 

その夜は凄く寒かったのに、

二人とも息が白くなってない。

 

「何だ???」から

「これは何か変だ!」に、

 

俺たちの思考が変わったのを

まるで見計らったかのように、

 

今度はボンネットの上に

腹這いになって、

 

フロントガラスを叩き始めた。

 

信号が変わった途端、

二人とも車から離れて、

 

歩道のガードレールに

二人並んで座り、

 

またこちらを見ながら

お辞儀を始めた。

 

この子たちは一体、

何者なんだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ