あなたのは願いは?

 

ある女性が、

大学受験に悩んでいた。

 

すると、

 

突然目の前に男性が現れ、

こう言った。

 

「あなたの願いは?」

 

女性は大学に合格したい、

と言った。

 

その後、

見事に女性は大学に合格した。

 

何年か後に、

その女性が就職に悩んでいた。

 

すると、

突然男性の声がした。

 

「あなたの願いは?」

 

女性は就職したい、

と言った。

 

その後、

見事に女性は就職した。

 

そのまた何年か後に、

その女性が人生に悩んでいた。

 

「あなたの願いは?」

 

女性は答えなかった。

 

聞こえなかったようだった。

 

男性は言った。

 

「順番を間違えたようだな・・・」

 

(終)

解説

男は暇を持て余した神様だった。

 

「順番を間違えた」というのは、

 

実は、願い事をひとつ叶える度に、

五感が一つ失われていた。

 

最初は視覚を失った。

 

なので、

 

2度目に男性が現れたことを、

彼女は声でしか認識していない。

 

そして2度目の願いで、

彼女は聴覚を失った。

 

3度目は何も聞こえていなかった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ