追いつかれる前に逃げ続ける一家

住宅街

 

これは、知り合いの話。

 

彼がまだ幼い頃、隣の借家に移ってきた家族があった。

 

同い年の気のいい男の子がいて、あっという間に仲良くなったという。

 

親しくなった後に教えてもらったのだが、隣家はやたらと引っ越しをしていたらしい。

 

他所に移る予定など何もない彼が羨ましがると、悲しそうな顔でこう言われた。

 

「あんまりよくないよ。せっかく友達ができても、すぐに別れることになっちゃうんだし。学校によっても授業の進み具合とか違うしね、勉強も大変だよ。でも仕方ないんだ。追われてるから

 

「追われてるって・・・一体何に追われてるの?」

 

好奇心丸出しで、そう聞いてみた。

 

「うちってその昔さ、遠くの山奥で神主みたいなことしてたんだって。でも廃村になるから社をたたんで村を捨てたそうなんだ。

 

そこで祀っていた神様っていうのかな、山の主様がとても怖い神様でね。祀っていないと祟りを落とす暴れ神だったんだって。

 

だからうちは一所に留まれないんだ。神様、執念深くてきっと追いかけてくるから。

 

幸い、神様は足が遅いらしい。身体が石とか岩で出来ているって話だから。だから神様に追いつかれる前に、うちは引っ越しをして逃げ続けてるんだ。

 

内緒だよ。借金取りから逃げてるんだろうって変な噂流されるから」

 

そう念を押されたので、誰にも話さないと約束した。

 

一年半ほど過ぎると、隣家は何処かへ引っ越していった。

 

彼はあの時に聞いた話を誰にも話さず、その友人の記憶も薄れていった。

 

それから半年ほど経ったある真夜中、彼は目を覚ました。

 

何だろう、表の方から低い音が響いてくる。

 

ゴリン・・・ゴーリン・・・。

 

何か重たい物を引き摺っているかのような音だった。

 

ぼんやりと寝床の中で聞いているうち、音が隣家の周りを巡っているらしいことに気がついた。

 

同時に、あの話も思い出す。

 

音の出所を確認するのは簡単だ。

 

二階の角にある子供部屋は隣家に面している。

 

カーテンさえ開ければ、何が隣家の庭に入り込んでいるのか見えるはずだ。

 

しかし、ベッドから出ることは出来なかった。

 

その何かを見てしまうのが、ひどく怖かったからだという。

 

重く低い音はしばらく隣家で響いていたが、そのうちに聞こえなくなった。

 

翌朝、日が昇ると一番にカーテンを開け、隣の庭を見下ろした。

 

そこには何の異常も見られず、重たい物を引き摺った形跡もなかった。

 

家族に聞いてみたが、前夜あの音を聞いていたのは彼だけだったらしい。

 

「まぁ本当のところ、僕が寝惚けていただけなのかもしれないけどね。でも今でも時々思うんだ。アイツ、まだずっと逃げ続けているのかなぁって

 

仕事で知り合った彼は、とある会合でそんな話を聞かせてくれた。

 

「もう時効だろうし、アイツが今は何処にいるかもわからないしね」

 

彼はそう言いながら、懐かしそうな顔をした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ