猫舌の神様ってのもいるんかの

祠

 

これは、田舎の知り合いから聞いた話。

 

彼の家は山を持っており、毎年の年末には祠の大掃除と御鏡をお供えに行くそうで。

 

その時期は雪が積っていることが多く、山の頂上近くにある祠からの眺めも綺麗なので、彼はコッヘル(携帯用調理器具)とコンロを持って行き、大掃除後に景色を眺めながら一服入れようと考えた。

 

大掃除を終え、古い御鏡も取り替えて、さて一息と湯を沸かし紅茶を作って眼下の景色を楽しんでいると、ゴトゴト、ガタガタと音がする。

 

「ん?何の音だ?」

 

辺りを見回しても、そこは開けた山の頂上なので何もない。

 

よくよく耳を澄ますと、祠の中から音がする。

 

「ああ、いけね。おすそ分け忘れてた」

 

そのことに気がつくと、もう一杯作ると祠にお供えした。

 

しばらくはゴトゴトと音がしていたが、そのうち静かになったそうで。

 

帰る時にカップを回収しようとしたが、湯気の立つカップの中身があきらかに減っていた。

 

カップ一杯まで入れていた紅茶が半分くらいに減っている。

 

「ああ、まだ飲んでるのか」

 

そう思った彼は、カップをそのままにして下山した。

 

「猫舌の神様ってのもいるんかの」

 

そう言って、のんきな彼は笑っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ