陣痛の痛みを夫に振り分ける機械

 

一組の夫婦が出産のために

病院へ向かった。

 

病院に着くと医者は、

 

陣痛の一部を父親に振り分ける

機械を発明したと言った。

 

その機械を使ってみないかと

持ちかけられた夫婦は、

 

二人揃って「ぜひ使ってみたい」

と答えた。

 

医者はまず最初に、

つまみを10%に合わせた。

 

たとえ10%でも、

 

父親にとってはこれまで経験したことが

ないほどの痛みになるという。

 

ところが、

 

出産が始まっても

夫は何も感じないので、

 

もう一段階あげて欲しいと

医者にお願いした。

 

医者はそれではと、

20%に合わせた。

 

医者は夫の血圧と脈拍を調べたうえで、

相変わらず元気であることに驚いた。

 

50%まであげても、

依然ピンピンしている。

 

これは明らかに妻の助けと

なっているということで、

 

夫は痛みを全て

自分に分け与えるよう、

 

医者に頼んだ。

 

妻はほとんど痛みもなく、

健康な赤ちゃんを産んだ。

 

夫婦は本当にワクワクした。

 

何もかもが上手くいった、

かのように思えた。

 

ところが、

夫婦が家に帰ると・・・。

 

我が家の庭で郵便配達の人が、

苦悶の表情のまま死んでいた。

 

(終)

解説

生まれた子は夫のではなく、

妻と郵便配達員との間の子だった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ