嫁と二人で泊まった旅館にて

 

私は、

 

海外とか綺麗なリゾートホテルは

あまり好きじゃなくて、

 

趣のある落ち着いた温泉宿が

好きなんだ。

 

だから嫁と旅行に行く時は、

 

毎回無理を言って、

温泉宿を取ってもらっている。

 

その日もなかなかの旅館で、

私は満足していました。

 

晩御飯も食べて、

温泉にも入って、

 

一杯飲んだところで

お互い眠くなってきたので、

 

寝ることにしました。

 

一応、旅館なので布団は二枚

敷いてありましたが、

 

私と嫁は同じ布団で寝ました。

 

しばらくしてふと目が覚めて・・・

 

私は大抵寝る時は、

嫁に腕枕をしてあげていて、

 

夜中に目が覚めると、

 

腕が痺れていることが

よくあります。

 

その日も腕が痺れていたので、

そっと腕を抜きました。

 

その時・・・

 

私たちが使っていない布団に、

髪の長い女が横たわっていました。

 

あまりの出来事に、

 

私は金縛りに遭ったかのように

動けず、

 

何度か嫁を起こそうと

試みましたが、

 

やはり体は動かず、

声も出ないので無理でした。

 

女から目を離したら駄目な気がして、

私はとにかく女を注視していました。

 

すると、

 

少しずつ女がこちらを

向いているのです。

 

反対側を向いて

横たわっていたのが、

 

ゆ~っくりと、

 

だんだんだんだん

こちらを向いて、

 

私の心臓は今まで

経験したことのない、

 

バクンバクンと聞こえるくらいの

大きな音を立てていました。

 

そして完全にこちらを向いた時、

 

私は恐怖のあまり、

泣き叫びたくなりました。

 

もう一つの布団に

横たわっていたのは、

 

私の嫁でした。

 

あれ以来、

 

私は旅館に泊まることが

出来なくなってしまいました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ