幸せの丸い貝を探す少女

 

大学で日本の風俗を

研究している私は、

 

休みを利用して、

 

東北の海沿いの道路を

歩いていた。

 

道路から階段が伸びていて、

下には岩場がある。

 

ふと下りてみたらそこには、

一人の少女がいた。

 

少女は、

 

岩場を何か探すように

歩いていた。

 

「何か探しているのですか?」

 

私は声をかけた。

 

「貝を」

 

少女は言った。

 

「幸せの丸い貝を探しています」

 

貝とはまた奇妙だ。

 

それは希少で高級な貝なのか

と問えば違うと言う。

 

食用かと問えば、

食べる人もいるが、と言う。

 

となると、

恐らく貝殻が必要なのだろう。

 

「祭りで必要なのです」

 

と少女は言う。

 

「幸せの丸い貝が無いと、

祭りが台無しになってしまう」

 

その話に興味を持った私は、

祭りのことを少女に問うが、

 

少女はよく分からないと言う。

 

親類が詳しいというので、

頼み込んで家まで案内してもらった。

 

少女の家はまさに祭りの前日

といった様子で、

 

着くなり沢山のご馳走で

大いに歓迎された。

 

酒が入っていたからだろう。

 

ろくに質問もせぬうちに、

私は眠ってしまった。

 

目を覚ますと、

もう祭りは始まっていた。

 

少女はいない。

 

私は一番近くにいた人に、

話しかける。

 

「幸せの丸い貝は

見つかったのですか?」

 

「ああ、もうここにあるよ」

 

やがて祭りは佳境に入り、

 

私は幸せの丸い貝が、

どんなものなのか理解した。

 

ああ、それにしても

奇妙な風習じゃないか。

 

(終)

解説

「幸せ」・「丸い」・「貝」

を組み合わせると・・・

 

『贄(いけにえ)』

という文字になる。

 

次に、

 

私はご馳走を食べた後、

眠ってしまった。

 

この時、ご馳走には

睡眠薬が入っていた。

 

私が目を覚ます。

 

目を覚ますと、

祭りは始まっていた。

 

私は一番近くにいる人に

話しかける。

 

一番近くでなくてもいいのに、

 

一番近くの人に話しかける

ということは、

 

動けなかった可能性がある。

 

その人はこう言う。

 

「ああ、もうここにあるよ」

 

つまり、

 

私とその周りの人は

生贄である。

 

その後、

 

私は「幸せの丸い貝」の

意味を理解した。

 

少女の話では、

 

「幸せの丸い貝を

食べる人もいる」

 

らしい。

 

よって、

私たちは食べられた。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ