禁止されていた海近くでのかくれんぼ

海沿い

 

俺が小学校低学年の頃の話。

 

もう30年以上も前になる。

 

東北のA県にある海沿いの町で育った俺たちにとって、当然のように海岸近くは絶好の遊び場だった。

 

海辺の生き物を探して無意味に弄(いじ)ってみたり、釣り人に餌を売りつけて小遣いを貰ったりと、無邪気に遊ぶ毎日だった。

 

しかし、『かくれんぼだけは海の近くでやってはいけない』と、周りの大人にきつく言われていた。

 

海の近くは危ない場所が沢山あるし、変な所に隠れて大怪我や命を落とす事故を心配してのものだろうと、子供ながらに理解していた。

 

しかし、理解していると言っても所詮は子供。

 

周りに誰も居なければ、やってしまうものだ。

 

俺と近所のガキ(A太、B朗、C子)の4人でかくれんぼをしたことがある。

スポンサーリンク

神様への生贄か?

当時のガキにしては丸々と太っていた実質ガキ大将のC子が、どうしても「かくれんぼしたい!」と聞かなかったので、俺ら男3人は臆病者扱いされるのも嫌で付き合うことした。

 

渋々始めたとはいえ、海の近くでは変わった窪みがいっぱいあり、とても楽しかった。

 

危険な場所というところは、基本的に楽しいものだ。

 

かくれんぼを始めて1時間くらい経った頃だった。

 

A太が鬼だったが、C子がどうしても見つからないと言う。

 

仕方なくかくれんぼを中断し、男3人でC子を手分けして探すことにしたが、それでもなかなか見つからない。

 

見つからないから諦めて帰ろうとした時、さっき調べても居なかった岩場の窪みにC子を見つけた。

 

ただ、C子は一人ではなく、やたらと立派な和服を着た爺さんが一緒だった。

 

ガキだった俺は、「家の人間が迎えに来たから勝手にかくれんぼを中断しやがったな」、と思ったが、どうも様子がおかしい。

 

普段は大人相手だろうが子供相手だろうが、のべつまくなしに騒ぎ立てるC子がやけに大人しい。

 

※のべつまくなしに(のべつ幕無しに)

ひっきりなしに続くさま。休みなく続くさま。

 

和服の爺さんが何かを話しているのにも反応せず、ただ一点を見つめて動かない。

 

「もしかして、これはヤバイか・・・」と思った俺は、幸い2人共こちらに気付いてないようだったので、そのまま様子を窺うことにした。

 

よく見てみると、和服の爺さんはこんな海沿いだっていうのに全く濡れていなかった。

 

爺さんは一頻(ひとしき)りC子の体をベタベタと触った後、懐から鉄製の串のようなものを取り出し、おもむろにC子の脇腹に突き刺した。

 

俺は爺さんの行動にビビって固まった。

 

しかも、爺さんはその串を一本だけではなく、次々とC子に差し込んでいく。

 

しかし奇妙な事に、血は全然流れていない。

 

C子も、串を刺されまくっているのにピクリとも動かない。

 

そのうち、串を伝って黄色っぽい白くドロドロとしたものが流れ出してきた。

 

すると爺さんは、串の根元の方に白い袋のようなものを取り付け始めた。

 

どうやらそのドロドロを袋に集めているようだった。

 

多分、ものの2~3分くらいの出来事だったと思うが、どうやら袋が一杯になったらしく、爺さんは一つ一つの袋の口を縛って纏(まと)めていく。

 

一方のC子は、あんなに丸々と太っていたのに、いつの間にか干からびたミミズのようになっていた。

 

「ヤバイものを見てしまった!」と思っていると、爺さんが不意に俺の方を向いた。

 

そして何か言おうとしたのか、口を大きく「あ」の形にした。

 

と思うと、後ろから大人の声で、「こらー!くそガキが!あんだけここでかくれんぼするなって言ってんだろ!!」、と怒鳴る声がした。

 

振り返ると、A太の父だった。

 

どうやら、C子が見つからなくて焦った他の2人が大人に報告しに行ったようだ。

 

俺はC子が干物になってしまったことを伝えるのと、変な爺さんから逃げるのに、A太の父の方へ駆け出していた。

 

かなり本気のゲンコツと、もう一怒鳴りされた俺は、A太の父をC子のところまで引っ張っていった。

 

そこには、干物ではなく太ったままのC子が倒れていた。

 

あの爺さんも・・・、串で刺された痕も・・・、キレイサッパリ無くなっていた。

 

結局C子は、かくれんぼ中に転んで頭を打ち気絶していた、ということで病院に運ばれた。

 

C子は、その日の夕方に目を覚ましたらしい。

 

一方、俺ら3人は嫌になるほど説教を食らったが、俺はさっきの光景が目に焼き付いていて、ろくに説教を聞いていなかった。

 

それから数日、C子に変わりは特に無く、いつものようにピンピンしていて、近所のガキの頂点に君臨していた。

 

俺自身も、「アレは暑さでおかしくなってみた幻だろう・・・」と思い込み始めていた。

 

しかし1週間ほどした頃から、C子は痩せ始め、しまいにはその姿を学校で見なくなっていた。

 

どうやら何かの病気をしたらしく、俺は母に連れられて、A太やB朗らと一緒にC子の見舞いへ行った。

 

そこにいたC子は、以前の憎たらしく太っていたC子ではなく、随分と痩せ細った姿だった。

 

しかも、痩せているのではなく、見るからに肌に水気が無く、子供とは思えないほどシワだらけになっていた。

 

あの時に見た干物の2~3歩手前という感じ。

 

俺は、「もうこいつ死ぬんだな・・・」と思った。

 

見舞いから帰ると、俺は母に「爺さんと串に刺されたC子」のことを話した。

 

母は俺の話を聞き終えると、「そう」、と一言だけ言って、どこかに電話をかけた。

 

そして電話が終わると、「明日その時のことを聞きに人が来るから正直に答えなさい」、と俺に言った。

 

普段にも増して「辛気臭いな・・・」、と俺は思った。

 

次の日、学校での授業の途中に校長に呼び出され、校長室で見知らぬおっさんに爺さんとC子の話を訊かれた。

 

おっさんは古い絵を俺に見せ、「その爺さんはこんな格好じゃなかったか?」と訊いてきた。

 

その絵には、みすぼらしい格好をして頭が不自然に三角な男と、あの爺さんのようにキレイな和服を着た男が描かれていた。

 

俺は、「こっち。和服の男の格好に似ている」、と答えた。

 

すると、おっさんは溜息を一つ吐いて、校長にどうやら「アカエ様ではないようなので、これ以上の心配はないでしょう」と言った。

 

校長も、何か安心したような感じだった。

 

その後は俺を無視して、「今年は豊漁になる」だとか、「漁協からC子の家に見舞金を出す」という話をしていたが、俺がまだいることに気付き、すぐに追い出された俺は授業に戻った。

 

結局、C子はそれから間もなく死んだ。

 

C子の葬式で悲しそうにしていたのはC子の家族だけで、他の大人はみんなニコニコとしていて何故か嬉しそうな感じだった。

 

正直、俺もC子が嫌いだったので心の底では嬉しかったが、今まで経験した葬式との違いに、少し不気味にも思っていた。

 

俺の父もC子の両親に、「神様が持っていったようなものだから」、と変な慰めをしていたのを覚えている。

 

その年の秋、あの時に盗み聞いたおっさんと校長の話通り、ここ数十年で一番の豊漁になった。

 

しかし、他所の町の港ではそれほどでもなかったらしく、俺たちの町だけが潤ったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ