60年に一度だけ行われてきた裏の祭り

山道

 

一昨年に亡くなった、

祖母から聞いた話。

 

祖母によると、

祖母の父(曽祖父)は地元の名家で、

 

分家をいくつも持つ、

本家の筋だったらしい。

 

その家では一族で信仰している宗教があり、

 

10年に一度、

本家分家すべてを集めて神事を行う。

 

本家から少し離れた山にある社まで、

山菜の摘めた箱を運び奉公するというもので、

 

その土地の神様に一族の繁栄を

祈願するための祭りらしい。

 

これとは別に、

 

60年に一度だけ行う、

裏の祭りがあった。

 

正式な名称はよく分からないので、

ここでは裏祭と呼ばせてもらうが、

 

本家分家から10歳未満の子供を集める。

 

集められた子供は、

 

夜になると山の中に設けられた

広場で禊(みそぎ)を受け、

 

一人づつ順番に明かりも持たされずに

山から下ろすというものだ。

 

こうして無事に帰ってきた子供は、

神様に認められて祝福を受けた子供であり、

 

血筋を絶やすことなく、

今後より一層の繁栄を約束された子供になる、

 

という意味で行われていた。

 

しかし、

 

これがそもそも建前に過ぎず、

本来の目的は別にある。

 

この裏祭は本家の人間のみで

取り仕切るのだが、

 

祭りを行う前に分家の筋から

『生贄(いけにえ)を一人選ぶ。

 

裏祭の当日、

 

神事を進行する人間とは別に

本家から大人の男が何名か隠れ、

 

生贄に指定された子供を

頃合を見計らって攫(さら)う。

 

そして攫われた子供は、

 

本家の人間しか知らない

特別な祠(ほこら)に連れていかれ、

 

閉じ込められ二度と出てくることはない。

 

神に子供を捧げることで、

 

その庇護を願うのが

裏祭の本当の目的だったそうだが、

 

※庇護(ひご)

わが子をかばって守ること。

 

当然分家だけに絞るとなると

多々反発もあるし、

 

また選ばれた子の親も、

(かば)いたてする。

 

そのため、

もっともらしい言い訳をつけて、

 

子供を山の中に一人にすることで

攫いやすくし、

 

また戻ってこない子供に関しては、

 

山の中で遭難したということで

行方不明扱いにすることにより、

 

事を必要以上に荒立てないように

していたそうだ。

 

曽祖父はこの時に

攫う役を担わされたそうで、

 

祖母にこの話をする時には、

いつも辛そうな顔をしたそうだ。

 

曽祖父は戦争を期に、

終戦後本家から縁を切ったので、

 

(名目上は失踪)

 

戦後にその家がどうなったのかは

分からないという。

 

とはいえ、

 

このご時世にそんなことを

出来るはずもないので、

 

ひっそりと取りやめになったのではないか、

と祖母は言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ