挨拶

長野県にある奥穂高岳山頂を目指して、

3人で歩いていた時の話。

 

私は先頭を歩いていたが、後ろがバテ始めている様子なので、

ペースを作りながら、どこで休憩をとるか考えていた。

 

すると、

前方からクライマーが駆け下りてくるのが見えた。

 

背中には何も背負わず、腰にガチャ物だけをぶら下げて、

ガチャガチャと音を立てながら軽快に駆け下りてくる。

 

普通は登りが優先なのだが、当時そういうマナーを尊重しないクライマーは、

結構多かったので、私はバテていたのも手伝って、思わず道をあけた。

 

すると、「こんにちはー!」と、

明るい声で挨拶が飛んできた。

 

はっきり言ってクライマーの、この手の挨拶は期待していなかったので、

私は半分びっくりしながら、「こ、こんにちは!」と、挨拶を返した。

 

その直後、私が歩を止めたので、立ち止まった後ろの仲間が、

「お前、誰に挨拶してるんだ?」と・・・。

 

「えっ?」

っと思って振り返るが、そこには誰もいなかった。

 

幻覚に襲われるほど体力は消耗していなかったので、

あれはきっと生きている人ではなかったのだと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ