元国営企業

元国営企業の女性従業員たちが、

とある海外の地方都市で売春の現行犯で逮捕された。

 

実は、その都市で30年以上にも渡り、売春が行われていたのだが、

客が自国の人間ではなく、企業が属している国の高官などが主だったために、

地元の警察は相手にしていなかった。

 

自国から遠く離れた海外で、自国の高官に従業員をあてがい、

許認可などを有利に進めていたのだ。

 

しかし、地元の売春婦たちから、

「なぜ、あいつらは逮捕されないんだ!?」と、不満があがり、

仕方なく捜査する事になった。

 

容疑者は40人以上。

管理は企業のマネージャーが行っていた。

 

その事件について本国では、

ほとんど報じられる事は無かった。

 

なぜなら、その企業は、国営から民間企業になってから、

その国の警察上層部の天下り先になっていたからだ。

 

噂を聞きつけたフリーのジャーナリストが、自国出身の現地にいる探偵を雇い、

逮捕された従業員のリストを手にいれようとした。

 

雇われた探偵は、

いとも簡単にリストを手に入れる。

 

売春犯罪の記録は、その国では公開資料だったのだが、

その事は黙って吹っかけたのだ。

 

しかし、リストと公開されている捜査資料を翻訳している最中に、

依頼人であるジャーナリストからキャンセルの連絡が入った。

 

奇妙な事に、前払い金は返さなくてよいとの事。

そして、今後一切、連絡をしないで欲しいとも言われた。

 

探偵は不思議に思ったものの、金が手に入った事で気をよくして、

その事は忘れるようにした。

 

それから数年が経ち、

探偵は自国に戻り、保険調査の仕事をするようになる。

 

しばらくして、その探偵は、保険調査で知り合った別の探偵から、

奇妙な事件の話を聞いた。

 

小学生の男児がひき逃げされ、大怪我を負わされたその事件は、

ガードレールに塗装痕、アスファルトにはブレーキ痕、

ヘッドライトとテールレンズの破片が現場に残されていたにも関わらず、

警察の発表は、「車種が特定できない」というものだった。

 

何気に被害者の家族について聞いてみると、

なんと以前に売春婦のリストを依頼してきた人物だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “元国営企業”

  1. 匿名 より:

    なんかよく分からん話だな

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ