民宿に泊まりに来た不審な男客

おばさんが子供の頃、

実家は民宿を営んでいたらしい。

 

海水浴の客で賑わう夏、

民宿もそこそこ繁盛していた。

 

そんなある日、

 

一人の男が一晩泊めて欲しい

と、やって来た。

 

男は何かを恐れているような、

何かを警戒しているような、

 

少し挙動不振な感じだった。

 

民宿の主人(おばさんの親)

男に部屋を用意し、

 

いつも通りに何ら変わりなく、

普通の客として応対した。

 

まだ小学校に上がる前だった

おばさんは、

 

その男を一目見て、

突然、喚き出した。

 

泣き出す娘に、

親がどうしたのと聞くと、

 

その男が怖いと言うのだ。

 

お客に失礼なので、

 

娘には他の部屋に

行ってもらうことにした。

 

次の日の早朝、

民宿に警察がやって来た。

 

強盗殺人の指名手配犯が、

近辺に逃げ込んで来たらしい。

 

犯人の顔写真を見ると、

 

昨日ここに泊まりに来た

男だったので、

 

びっくりした主人は、

すぐさま男を警察に引き渡した。

 

警察の人によると、

 

男は先日、老婆を殺害し、

金品を奪って逃走し、

 

ここに来たらしい。

 

それを聞いて、

主人はまたびっくりした。

 

娘が昨日、その男が怖い

と言っていた理由が、

 

「背中にいるおばあさんが怖い」

 

という事だったからだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ