学校帰りのバスで目を付けられた

友人が学校帰りに

バスを使っていた。

 

そのバスに、

 

気持ち悪いって表現がぴったりの

オヤジが乗ってきた。

 

友人は、そのオヤジに

目を付けられたみたいで、

 

自分の停留場に降りた後、

オヤジも降りてきた。

 

「家どこなの?」

「携帯教えて?」

 

と言いながら。

 

家は停留場から近かったけど、

オヤジに家をバレたくないから、

 

近所のスーパーで

時間を潰したらしい。

 

気が付いたら

オヤジはいなくなって、

 

彼女は家に入った。

 

彼女の家には

玄関オートロックがないので、

 

訪問者は

玄関ドアの前まで来る。

 

呼び鈴とドアを叩く音がした。

 

「警察です」

 

彼女は、警察の世話になるような

ことはしてないからってことで、

 

居留守をした。

 

そっと、覗き穴を覗くと、

 

警官っぽい服装の男が

一人いた。

 

しつこく居留守を使ったら、

どこかへ消えたそうな・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ