真似できるもんなら真似してみやがれ!

キャンプ

 

これは、山仲間の話。

 

一人でキャンプ中に鼻歌を歌っていると、誰かが近くの藪中でハミングを始めた。

 

自分の歌っている曲を、同じように繰り返している。

 

「誰か居るのか?」

 

そう藪に向かって声をかけると、子供のような声が返ってきた。

 

『誰か居るのか?』

 

微妙に口調を真似ているのが腹立たしい。

スポンサーリンク

真似る子供の声は続く

「誰だよ、こんな山の中で悪戯すんのは!?」

 

『誰だよ、こんな山の中で悪戯すんのは!?』

 

「おい、姿を見せろよ!」

 

『おい、姿を見せろよ!』

 

正体不明の悪戯者は、彼とまったく同じ台詞を返してくるばかりで、それ以上は何の行動も起こさない。

 

ただ、その声に面白そうな響きが感じられて、どうにも頭にきたという。

 

そこで彼は、当時流行っていたあるバンドの歌を絶唱し始めた。

 

特にサビがとても早口で、途切れなくズラズラと流れる難しい歌だったのだが、カラオケで鍛えた彼には何の問題もなかった。

 

(どうだ、真似できるもんなら真似してみやがれ!)

 

そんなことを考えながら、早口部分を何度も繰り返す。

 

興が乗って、身振り手振りまで交えた大熱唱となった。

 

※興が乗る(きょうにのる)

おもしろさを感じて夢中になる。

 

さすがにもう声も付いてこない。

 

ブツブツと何やら呟いているだけだ。

 

(勝った!)

 

思わず歌うのを止めガッツポーズを取る彼の耳に、呟きの内容がはっきりと届いた。

 

それは笑い声だった。

 

声はブツブツと言っているのではなく、クツクツと笑っていたのだ。

 

次の瞬間、『あはは、ばーか』と心底楽しそうな声がして、藪が揺れた。

 

揺れが収まった後は、もう誰の声も聞こえてこなかった。

 

(くそっ、俺は勝ったのに、勝ったはずなのに・・・)

 

何故かとても悔しかったのだという。

 

「まぁ、他に何も悪いことがなくて良かったじゃないか」

 

話を聞いた私はとりあえずそう慰めてみたが、彼は納得がいかない様子だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ