子供をさらう妖怪の話

山

 

中学くらいの頃、

 

子供キャンプみたいなイベントに

参加した時の話。

 

キャンプ初日の夜、

宿の部屋で他の子たちと喋っていたら、

 

「山の方でなんか光ってる!」

 

と誰かが突然言い出した。

スポンサーリンク

山の中に見える赤い光は・・・

何だ?と思って外を見てみると、

 

確かに山の中腹ぐらいの所で、

真っ赤な光みたいのものが見えた。

 

・・・それも、

 

1個じゃなくて10個くらいの赤い光が

ゾロゾロと動いていた。

 

他の部屋の子たちも集まって来て、

なんだあれ?と騒ぎ始めた。

 

すると、

宿のおばさんが部屋に来たので、

 

「外に赤い光が・・・」

 

と言ったら、

 

「もう外を見ないようにしなさい!」

 

と血相を変えて怒鳴り、

カーテンを勢いよく閉めた。

 

結局あれは何だったんだろうと、

気になりながらも寝てしまった。

 

次の日の朝、

おばさんに昨日の光の事を訊いてみた。

 

おばさん曰く、

 

「昔からこの地域の山には、

子供をさらう妖怪みたいなものがいる。

 

赤い光は、

その妖怪の目が光っているから。

 

その妖怪が現れると、

子供が行方不明になることがよくある

 

という話を聞かされ、

とても怖かったのを覚えている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ