顔にびっしりのカエルの群れ

カエル

 

これは私が中学生だった頃、恩師より聞いた不思議な話。

 

ある時のこと、何かの調査で恩師は数人と連れ立ち、奥羽山脈の中でキャンプを張った。

 

一夜明けてみると、隣で寝ていた仲間が「なんだか顔がムズムズする」と言い出した。

 

蟻にでもたかられたかと見ると、確かに仲間の顔に何やらびっしりとくっ付いている。

 

よくよく見れば、『とても小さいカエルの群れ』が顔にたかっていた。

 

どれくらい小さいカエルだったかというと、「こりゃ珍しい! 新種かもしれないから持って帰ろう」となり、弁当に付いている魚型の醤油入れに何匹も詰め込んだ、というくらいだから押して知るべし。

 

しかし残念ながら、持って帰ることは出来なかった。

 

醤油入れに詰め込んで持ってきたはずのカエルは、麓で見てみれば全て溶けて無くなってしまっていた。

 

それも、骨まできれいに無くなっていたそうな。

 

すでに恩師も鬼籍に入って久しいので、今となっては詳細を確かめようもない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ