山中でソロキャンプの夜に見た不可解なもの

キャンプ

 

これは、私が山で遭遇した不可解な体験談です。

 

今より数年前の学生の頃、毎年恒例にしていた山中でのソロキャンプをした時の事。

 

食事も終わり、焚き火を見つめながらぼんやりしていました。

 

そうして20分程が過ぎた頃でした。

 

そろそろ寝ようかと思って何気なく周囲を見渡すと、『ソレ』は斜め後方の林にいました。

スポンサーリンク

ソレの目的は何だったのか

距離にして、私のいる場所から20メートル位でしょうか。

 

木立の間に何やら青白い塊が見えました。

 

何だろう?と思い、凝視すること数秒。

 

思わず私が呟いた言葉は、「なんで顔だけ?」。

 

真っ暗な林から、男の顔だけがこちらをじっと見つめていました。

 

私からの距離は先述しましたが、その顔がある高さが尋常ではありませんでした。

 

地面より確実に10メートルは上に、その顔だけがぽつりと浮かんでいたのです。

 

通常、こういう時は慌てるとか、思わず叫んでしまうとかあるのでしょうが、不思議と私は冷静だったのを憶えています。

 

単に疲れていただけかもしれませんが。

 

それに、恐怖よりも疑問が優先していたかと思います。

 

見つめ合って1~2分が過ぎた頃、その顔は突然に消えてしまいました。

 

「何だったんだ、アレは?」

 

そう思いながら、やはり冷静なまま焚き火に視線を戻したのですが、先程まで林の中にいたはずのその顔が、今度は焚き火を挟んだ向かいに現れていました。

 

歳は40位でしょうか。

 

ソレは無表情な顔でした。

 

焚き火に視線を戻した瞬間から、もうそこにその顔がいたのです。

 

さすがにそれには驚きました。

 

しかし、そこでも驚きはしたものの、やはり口を突いて出た言葉は自分でも思いもしない言葉でした。

 

「なんだよ、お前」

 

思わず口走った言葉がこれでした。

 

今から考えると何を言っているのだと思いますが、その時はそれしか思い浮かびませんでした。

 

ただ、これが逆に功を奏したのかどうか、その顔はすぐに消えてしまいました。

 

きっとその顔は何かを訴えたくて出てきたのでしょうが、訴える相手を間違ったと思って消えたのかもしれません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ