部屋に入って来れなかった幽霊

立入禁止

 

これは、今のアパートに引っ越したばかりの頃のこと。

 

その日は暑くて、ベランダの窓を開けて網戸にして寝ていた。

 

しかし夜中はやっぱり寝苦しくて、一度目を覚ましてしまった。

 

そしてふとベランダの方を見ると、窓の外に男が立っていた。

 

暗くて顔以外はよく見えなかったが、中年くらいの男だということは分かった。

 

まさか、泥棒!?

 

そう思ってどうしようか思考をめぐらしていると、「おい、開けろ!」、いきなり男がそう言ってきた。

 

しかし窓は開いているし、網戸にも鍵は付いていない。

 

それでも男は「開けろ!今すぐここを開けろ!」と喚き立てた。

 

それを見ている時に、ふと気付いた。

 

男には下半身がない。

 

・・・というよりも、上半身だけが浮いている状態だった。

 

それが分かるともう訳が分からなくなり、そのまま意識がなくなった。

 

次の日の朝、起きてすぐベランダを見てみると、もう男はいなかった。

 

どうして昨晩の男は部屋に入れなかったのだろう?と考えていると、窓の枠に百均で売っているような『立入禁止』と書かれてあるステッカーが貼ってあった。

 

どうも一昨日の部屋飲みの際に、友人がイタズラで貼っていったらしかった。

 

今思うと、その御守りでも御札でもないステッカーの『立入禁止』という文字が、俺を救ってくれたのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ