入ってはいけないと言われていた袋小路に

袋小路

 

これは、知り合いの話。

 

彼の実家の山村に、『入ってはいけない』と言われていた袋小路があったという。

 

ダメと禁止されると行きたくなるのが子供心。

 

という訳で、ある時に従兄弟と二人で足を踏み入れたのだそうだ。

 

小路の終わりには赤く錆びた鎖が掛けられていて、その先に獣道のような細い道が続いていた。

 

鎖を跨いでさらに進んでいくと、わりと広い川に突き当たる。

 

川にはボロボロに朽ちた橋が架けられていて、それを渡った向こう側に廃屋が二軒並んでいた。

 

気持ち悪くなって引き返したのだが、この事を祖父に話すと酷く怒られた。

 

「橋は渡ってないだろうな!?」

 

聞けば、随分と前の大雨で、その橋は流されているのだそうだ。

 

「お前ら、誘われてたんだよ。渡ってたら多分帰って来れなかったぞ」

 

そんなバカな、と次の日もこっそり二人で確認しに向かったのだが・・・。

 

昨日あったはずの橋はどこにも見当たらず、川が轟々と流れているだけだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ