妖怪『すーっことん』が棲む家

家

 

これは、小さい頃に祖父から聞いた話。

 

旅人が山中の家に一夜の宿を乞うた。

 

泊めるのは構わないが、近隣の者に不幸があって夜は家を空けなければならない主人。

 

夜更けまでには帰って来るので留守を預かってほしいという。

 

旅人は泊めてもらえるのならば、と頼みを受けた。

 

主人が出かけてしばらく、旅人は囲炉裏端に座っていたが、奥の部屋で「すーっ、ことん」と音がした。

 

襖を引く音だったが、奥の部屋どころか家には旅人しかいない。

 

しばらくすると、また「すーっ、ことん」。

 

またしばらくすると「すーっ、ことん」。

 

恐る恐る奥の部屋を覗いても、やはり誰もいない。

 

音はその後も延々と続く。

 

旅人は怖くなったが、夜の山中に飛び出すこともできず、囲炉裏端で布団を被って震えていた。

 

どれほど経ったか、主人が帰って来た。

 

旅人が主人の留守にあったことを話すと、主人は笑って言った。

 

「そりゃあ『すーっことん』です。音がするだけで何も悪さはしませんよ」

 

それにしても、今思うとなんだかマヌケな名前だ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ