19歳で亡くなった従妹の夢を見た話

靴

 

従妹のユリちゃんが、19歳という若さで交通事故で亡くなりました。※名前は仮名

 

それから半年くらいが経った頃、私はこんな夢を見ました。

 

ユリちゃんの家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。

 

私の隣にはユリちゃんが座り、ずっとおしゃべりをしていましたが、その場に居る誰もがユリちゃんは死んでいる人だと分かっている、といった内容でした。

 

そろそろ宴もお開きといった頃、ユリちゃんがすっと立ち上がり、「私、もう帰るね」と言いました。

 

帰るって言ってもここはユリちゃんの家なのに・・・と、私は悲しくなりました。

 

ユリちゃんのお母さんも行かないでとは言えずに、涙を堪えて「行ってらっしゃい」と言っていました。

 

全員が泣きそうになりながら玄関で見送りをしようとすると、ユリちゃんが突然「私の靴がないの。どこ?」と言いました。

 

慌てておばさんが探し出した靴は、泥のような茶色のシミで汚れていました。

 

靴を履くとユリちゃんは悲しそうな顔で振り向き、「ねえ、私どこへ帰ればいいの?」と言いました。

 

おばさんは泣きながら空を指差して、「あっちだよ」と言いました。

 

朝になって起きた私は、この夢の話を母にしました。

 

そして母がユリちゃんのお母さんにそれを伝えると、「実は事故の後、どんなに探しても靴が片方見つからなかった。たとえ夢の中でもユリちゃんに靴を履かせてあげられて良かった」と言っていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ