入院中、深夜に煙草が吸いたくなり喫煙所へ

喫煙

 

これは、入院していた時の話。

 

ちなみに俺は喫煙者。

 

その病院では喫煙スペースが地下にあり、そこはガラスで仕切られ、エレベーターホールが一望できる場所だった。

 

ある日の深夜、一服したくなりそこへ行くと、先客がいた。

 

その先客はいつも顔を合わす人(以下、田村さんとする)だったので、この時もいつものように雑談していた。

スポンサーリンク

霊魂の存在を信じるきっかけに

しばらくすると、エレベーターがゆっくりと降りてきた。

 

さっきまでは田村さんが入院している階に停止していた。

 

なぜかそれだけははっきりと覚えていた。

 

そして、エレベーターは俺たちがいる地下フロアへ降りてきた。

 

扉はまだ開いていない。

 

「ねぇ、このエレベーター、誰もいなかったら怖いですねぇ」と話しかけると、田村さんは「そうですなぁ。イヤですなぁ」と返す。

 

扉が開いた。

 

よかった、人間だ。

 

そう思って見ていると、医師と看護師、それに家族らしき人とストレッチャーが運ばれていた。

 

ストレッチャーを見ると、横たわる人の顔には白い布が掛けられており、あぁ、亡くなったんだな・・・と思いながら家族らしき人に視線をやると、俺の思考は混乱した。

 

なぜならその家族らしき人は、今俺の向かいで一緒に煙草を吸っている『田村さんの家族』だったからだ。

 

田村さんの病室へ遊びに行った時に居たので顔は覚えていた。

 

状況が理解できない俺は田村さん、「ねぇ、あなたの他に身内さんが入院してたの?」と言おうと視線を変えると、田村さんは目の前からいなくなっていた。

 

えっ!?と思った俺は辺りをよく見る。

 

どこにも田村さんは見当たらない。

 

もしや・・・と思って煙草を灰皿に捨てて、家族らしき人へ駆け寄る。

 

そして、「あの・・・田村さん、ですよね?」と聞いた。

 

すると家族らしき人は、「あ、あなたは・・・。そうなんです。ついさっき亡くなりました」と言われた。

 

こういう事があって以来、俺は霊魂の存在を信じるようになった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ