山の中の一本道で遭遇した人間のようなもの

一本道

 

これは、昔に職場の同僚から聞いた話。

 

以下、その同僚を『山城さん』と仮名する。

 

山城さんは関西地方に住んでおり、毎年のお盆には、中国地方にある田舎に車で帰省していた。

 

だが、その年はあいにく翌日も仕事があったので、日帰りすることに。

 

早々と墓参りなどを済ませ、実家を出た頃には夜になっていた。

 

帰りは高速を利用するつもりだったが、すでに帰省ラッシュも始まっていたので、夜とはいえ混んでいるかも知れないと思った。

スポンサーリンク

「もしかしてあれ、幽霊かも」

そこで、手元にあった抜け道マップを見ると、ちょうど良い道があったのでその道を進むことにした。

 

後から考えれば、これが大失敗だった。

 

その抜け道は山の中の一本道。

 

街灯もあまりなく、対抗車も先行車も後続車も全くないので、本当に一人ぼっちで走っていた。

 

日付が変わってしばらくした頃、道の遥か先に何だかよく分からない『白いもの』が現れた。

 

その白いものは段々と増えていき、やがて白い集団になった。

 

白い集団は道を塞ぐような形で、ふらふら、ゆらゆらと動いていた。

 

それらは一見、白い服を着た人間のように思えたが、何か違った。

 

彼らの挙動には、何というのか人の意志のようなものを感じなかったからだ。

 

山城さんはここで初めて、「もしかしてあれ、幽霊かも」と思う。

 

そう怯え始めている間も、車はどんどんとゆっくりだが進んでいく。

 

そうして白い集団に近づいている時に、暗いながらもハッキリと見えるようになる。

 

やはりその白い集団は、白い服を着た『人間のようなもの』だった。

 

ただ、そこまで近づいても、その白いものが人間なのか幽霊なのか判断がつかなかった。

 

白い集団は完全に道を占拠してしまっている。

 

山城さんに残された選択肢は、幽霊だと判断して突っ切る、人間だと判断して止める、の二つ。

 

山城さんは迷った。

 

迷った末、結局は止まることにした。

 

しかし車を止めた途端、白い集団は車を取り囲み、窓を叩いたり車を揺らし始めた。

 

「ひえぇぇ!!」と車内で恐怖に怯えていたところ、新たに白い人影が二つ現れる。

 

ただ、その二つの人影は明らかに白い集団と違う、人の意志を感じるものだった。

 

よく見ると、彼らは白衣を着た医者と看護師だった。

 

この白い集団は、道の脇を下りた所にある○○病院の患者たちだった。

 

時々患者を外に出して散歩させているそうだが、昼間は様々な理由で避けていた。

 

この道は夜になると車はほとんど通らなくなるので、散歩させるにはちょうど良かったらしい。

 

後から来た二人に、「今まで散歩中に誰か人や車に会ったことはなかった。あなたが初めてですよ」と説明されたという。

 

「タネを明かされるとなぁ~んだとなるけど、何も警戒してない状態で深夜にあんな集団に出くわしたら普通はパニックになるわな」

 

笑いながら山城さんはそう話してくれた。

 

そんな体験をした山城さんが、真面目な顔をして最後にこう締めくくった。

 

「でも、後から思い返してみて、一番怖かったのはあの時の判断だな。もしあの時、幽霊だと決めつけてアクセルを踏んでたら、間違いなく何人か轢いてたよ。あの時に止まって良かった。本当に良かったよ」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ