怖い夜道で少し先を歩く女の人

夜道

 

これは、東京に住んでいた時の話。

 

自宅の最寄り駅の一つ前の駅が、終電の際の終着駅でした。

 

ある日、平日ダイヤと休日ダイヤをうっかり見間違え、自宅の最寄り駅へ行く電車がなくなってしまいました。

 

仕方がないので、初めて一駅歩くことに。

 

時間は深夜1時頃。

 

怖いなぁ・・・と思っていたのですが、私の他にも同じ境遇の人が数人いたらしく、同じ方向に歩く人がぱらぱらいたのでそんな気持ちもなくなりました。

 

しかし、分かれ道に差し掛かるにつれ、一人減り、二人減り・・・。

 

とうとう私と少し先を歩く女の人だけになりました。

 

その人はOLのような感じでした。

 

女の人とは常にある一定の距離が保たれていたのですが、最寄り駅が見えてきたという時になって、徐々にその距離が縮まってきました。

 

そしてとうとう追い越しそうとなった時、『この女の人が前を歩いてくれていたから夜道も怖くなかった。本当に心強かった。どんな人だろう?顔が見てみたいな』と思い、すれ違い様に後ろを振り返った瞬間、女の人の姿が消えてしまいました

 

脇道も家もない一本道で、姿が隠せそうな場所はどこにもないのに・・・。

 

幽霊だったのかな?とぼんやり思いつつ、駅にたどり着くまでのおよそ1時間、先導してくれたことに感謝しました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ